ビタミンCが持つ美白効果

ビタミンCと美白の関係

ビタミンCと美白、どんな関係があるの?

 

ビタミンCも、美白に効果のある成分です。ハイドロキノンのように、「今あるシミ」「もうできてしまったシミ」に働きかけるよりも、「シミをできにくくする」という予防の効果が強いものになるのですが、これもなかなか優秀です。

 

ビタミンCは非常に不安定な物質であるため、「塗布する」という形で体内に取り入れられるときというのは、「ビタミンC誘導体」という形になります。現在、「ビタミンC成分配合!」と謳っているものは、実際にはこの「ビタミンC誘導体が配合されている」ということなのです。
誘導体といっても、働きがビタミンCそれそのものに劣るわけではありません。安定しているこの物質は、生体内に入り込むことによって、体内で、ビタミンCに変身することができる物質だからです。これによって、無駄なく吸収することができるのです。

 

 

ビタミンCは美白だけじゃない!

 

ビタミンCの魅力は、その能力が「美白」だけに留まらない、ということにあります。ビタミンCは強い抗酸化作用もあるため、ニキビ予防などにも効果を挙げるのです。
このように、ビタミンCが持ちうる美容効果というのは、一次的なものに留まりません。そのため、美容業界において、ビタミンCは非常に重宝されるビタミンとなります。
余談ながら、美容業界でほかに取り入れられることが多いビタミンは、ビタミンE、ビタミンAなどになります。